一般社団法人日本超音波骨軟組織学会  Tha Japanese Society of Bone and Muscul Ultrasound

平成29年度 教育セミナー中級編 参加申込のご案内


この「教育セミナー中級編」は超音波ハンズオンセミナー入門編、初級編の次の段階に位置づけられており、 受講要件を設けて実施しております。 下記の受講要項・開催要項をご確認ください。

教育セミナー中級編 受講要項・開催要項

尚、事務局よりご案内をお送りした会員様におかれましては、当会規定の「教育セミナー中級編受講要項」を満たしている事となります。


大寒のみぎり、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

新年度を迎えるにあたり、平成29年度の「教育セミナー中級編」受講に関してのご案内をさせて頂きます。



さて、これまでの「教育セミナー中級編」では、各日6時間を3日間の実施として
カリキュラムを組んでおりましたが、平成29年度より1泊2日の開催となります。
受講料はこれまで3万円としていましたが、
1泊4食付で3万5千円として安く設定させて頂きました。
1泊2日とする事で集中して受講する事ができ、また遠方からの受講者にとっての負担も軽減されます。
また講師も同じ施設での宿泊となる為、個人的な質問等にも親身に相談して頂く事ができます。


受講内容は、これまでの内容である、音響工学、基礎運動器系超音波技師試験対策(画像読影)、
実技チェック並びに講師によるデモ指導、学会発表対策、論文の書き方指導などを実施しておりましたが、
29年度からは、臨床運動器系超音波技師試験対策とした内容が加わります。


本会の学会認定資格を取得されると、次のステップとして「フォローアップセミナー」への参加が可能となります。
フォローアップセミナーは、本会認定の有資格者のみが参加できるセミナーとなっており、
全国から本会の有資格者が集まるレベルの高い内容で実施しております。
日程が定められた1泊2日間のカリキュラムとなりますが、
学会認定資格の取得を確実に希望される方は奮ってご応募ください。


受講のご案内

受講開催地
大 阪
会場:ホテルコスモスクエア国際交流センター(大阪市住之江区南港北1-7-50)
第1日 5/13 (土) 11時~21時
第2日 5/14 (日) 9時~16時
東京
会場:大橋会館(東京都目黒区東山3-7-11)
第1日 7/16 (日) 11時~21時
第2日 7/17 (月) 9時~16時

受講料

35,000円(受講料・宿泊費・食費込み)

宿泊費と滞在中の食費(1日目:昼食・夕食、2日目:朝食:昼食)は全て受講料の中に含まれており、
宿泊先は会場併設のホテルでの宿泊となります。(手配は事務局にて行ないます。)
教育セミナー中級編開催について

2日間に分けたカリキュラムで構成される教育セミナー中級編では、運動器の筋骨格系医療現場に於いて、
安全に正しく超音波診断装置を導入いただくための音響工学知識と、運動器各部位に応じた画像描出スキル、
各症例に応じた画像読影のスキルを修得していただくためのものです。

この教育セミナー中級編を修了された方には、当学会より『中級編修了証』を発行いたします。
また、身に付けていただいた知識とスキルを確認する場として、
学会認定資格『基礎運動器系超音波技師』試験が翌年(30年3月)に用意されています。
教育セミナー中級編で修得されるスキルは、直接、本会の認定資格試験に結びつくものが多くありますので、
学会認定資格を取得希望される方は、教育セミナー中級編の受講をお勧め致します。

教育セミナー中級編の開催地は、東京開催の他、大阪開催、名古屋開催、 九州開催と
1年毎に開催地を変更しております。 平成30年度の開催予定地は、東京と名古屋となります。
最少開催人数は5名以上となります。
受講申込みが5名以下の場合には、開催中止とさせて頂き、お振込みいただいた受講料はご返金とさせて頂きます。
それぞれ別紙の受講要項と開催要項にもありますように、教育セミナー中級編へのご参加には、
本学会が全国各地で展開しております開催の参加ポイント(14ポイント) が基本条件となります。
今回のこのご案内は、開催参加ポイント14ポイントを取得した方のみに限り発送しております。

基本的なステップアップのコース

スタート: 【日本超音波骨軟組織学会へのご入会】

中級編の受講と認定試験受験には、医療系の国家資格を持つ正会員であることが条件となります。
          ▼

1stステップ:【開催ポイント14ポイントの取得】

          ▼

2ndステップ:【教育セミナー中級編受講申し込みとお振込み】

<受講の基礎的条件>
・ 超音波診断装置を所有していること、ないしは日常的に使用できる環境にいること。
・ パソコンとワード及びパワーポイントの使用環境を用意できること。
・ 超音波画像をパソコンに取り込める(データ化できる)環境を用意できること。
・ パソコンのE-mailで情報のやり取りが可能な環境を有していること。
         ▼

【中級編の受講(1泊2日のカリキュラムで構成)】

1P抄録の完成(査読を含む)
修了レポート(1P抄録)の提出
          ▼

【基礎運動器系超音波技師認定試験受験】


諸注意

受講をご希望される方は、下記の見本に基づき「中級編受講申込書」を パソコンで作成し、
必要事項をご記入の上、事務局宛てにパソコンのE-mailでお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

受講申込書の見本
E-mailによる参加申し込みと合わせ、同封の払込票により受講料35,000円
(初日の昼食・夕食、2日目の朝食・昼食付 / 宿泊代含む)の払い込みをお願い致します。
受講料には宿泊代および初日の昼食・夕食、2日目の朝食・昼食代が含まれています。
過去3年の受講者で、止むを得ない事由により途中断念された方は、受講料30,000円で再受講が可能です。
(該当される方には、受講料30,000円の払込票を同封しております。
万一、同封されていない場合は、事務局までご連絡ください。)

受講申込・受講料払込期限

中級編受講申込期限

3月17日事務局到着まで 

大 阪
5月13日(土) 開講
5月14日(日) 開講
東 京
7月16日(日) 開講
7月17日(月) 開講
教育セミナー中級編 受講申込み先(E-mail送信先)

jimu@japan-ubm.jp

受講料(3万5千円)の払込期限

3月24日払込まで
※受講料に宿泊代および初日の昼食・夕食、2日目の朝食・昼食代が含まれています。

教育セミナー中級編受講料について

29年度より、1泊2日の開催とすることに伴い、受講料をこれまでの3万円から3万5千円に変更となります。
なお、この受講料には、1泊の宿泊代および4食分(初日の昼食・夕食、2日目の朝食・昼食代)の代金が含まれています。
宿泊、食事の手配すべてを学会事務局で行いますので、受講いただく方は交通手段のご検討ならびに
必要があれば交通の手配をして頂くのみとなります。
宿泊の手配をしなくて済みますので、受講者の手間を省き、皆様がより受講しやすい環境をご準備させていただきます。

お申し込み後に、中級編の参加資格を満たしていないことが判明した場合には、
ご参加をお断りさせていただきますので何卒ご容赦下さい。
その際、お払い込みいただいた受講料はご返金致しますが、払戻に要する送金手数料は
ご負担いただきますようお願い申し上げます。
第1日目の開催まで2週間を切った後の自己都合による参加取り消しは、
受講料の返金をお断りさせていただきますので、ご了承下さい。



日本超音波骨軟組織学会 〒305-0853 茨城県つくば市榎戸748-2沼尻産業ビル3階 Tel 029-838-0884 Fax 020-4669-0176

Copyright©Japanese Society Bone and Muscle Ultrasound.All rights reserved.